2010年12月20日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おかげさまで「まぐまぐ殿堂入り」メールマガジン!
『社長必読!今月の4冊』 2010年12月20日号
本日の読者数 9,305人(まぐまぐ7,308人+自社配信1,997人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
月刊トークス2011年1月号(おかげさまで創刊19年目、第220号)
に収録した4冊とその中に出てくるキーワードをお届けします。

今月も、
たくさん読んで、たくさん読んで、
たくさん捨てて、たくさん捨てて
残したのがこの4冊です。

----------------------------------
★障がい者が入社してくれて変わったこと
『社員みんながやさしくなった』
渡邉幸義(アイエスエフネットグループ代表)著
かんき出版刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆一緒に働く仲間をFD(フューチャー・ドリーム)メンバーと呼ぶ
◆FDメンバーとふれあう毎月1回の交流会は毎回順番待ちが出る
◆交流会に参加した人間はものごとに対する感謝の念が強くなり、
FDメンバーの雇用を支えるためにがんばるぞという利他の意識が芽生える
◆社長も社員も、もちろんFDメンバーも会社ではみんなが家族だ
社員をよく叱るのは、家族の彼らに成長してほしい、そう思っているからだ
◆「こうする」と決めたことは、必ず口に出して宣言する
◆言ったことを実現できる秘密は「未来ノート」にある

----------------------------------
★営業エンジンをOFFにしよう
『新しい営業の教科書』
是永英治(営業コンサルタント、株式会社コンフィデンス社長)著
すばる舎刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆営業エンジン全開だと売れない
売り込むのではなく、まずは親身になって考え、質問し、話を聞こう
やがて、信頼できる相談相手として認められるようになる
◆過剰な敬語は使わずに、ラフな敬語を心掛けよう! そうすれば、
相手との心理的な距離感を自然な形で詰めていき、本音に迫っていける
◆課題解決型の営業にとって、顧客は同じ目標に向かっていくパートナーだ
◆まず自分が懐を開くこと
◆「先回り」と「断り」の「3to1ルール」

----------------------------------
★ちょっと変わった手紙で新規客が殺到する
『集団感染マーケティング』
杉村晶孝(マーケティングコンサルタント、高等戦術研究室代表)著
ダイヤモンド社刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆言葉を変えるだけで、売上が100倍も変わってしまうことがある
◆売れる言葉はテレビ番組や流行雑誌などいろいろなものから学べる
◆商品の見せ方だけでなく、その商品を売っている人の見せ方も大切だ
◆「逆噴射」とは、既存客からたどり、新しいお客の群れを探知する方法
◆同じニーズは山ほどある、と同じようなところに切り込むのが「水平拡大」
◆集団心理の盲点をつく「回覧型チラシ」と「名宛人」
大きな会社の組織図等を見ながら、2~30人の集団にアプローチしよう
◆大組織の提携業者や指定業者になれば、信頼度が一気に高まる

----------------------------------
★良い質問でトップ営業マンになろう!
『トップ営業マンの「話がとぎれた時の質問法」』
菊原智明(営業コンサルタント)著
朝日新聞出版刊 1,200円(税別)

【キーワード】
◆人生がうまく回っている人は例外なく質問が上手だ
うまく行かない人は質問が下手というよりは、間違った質問をしている
◆人は自分で言ったことに一番強く影響を受ける(自己説得)
◆良い質問は自然体の自分から生まれる
◆漠然とした質問ではお客様は答えられない。質問は具体例を交えてしよう
◆お客様の一番のこだわりを聞けば、競合相手とは一味違う提案ができる
◆成功者は自分自身にも肯定的な質問をするので良い結果を残す
◆調子の悪いときこそ、意識して良い質問をしよう

【月刊トークス】2011年1月号の詳細はこちらをクリック

http://www.talksnet.jp/new_books.html

----------------------------------
◆聴いてから読むか、読んでから聴くか
すべてアマゾンへのリンクです。
本を購入される際にご利用ください。
↓ ↓  ↓
『社員みんながやさしくなった』
http://www.talksnet.jp/201101_1.html

『新しい営業の教科書』
http://www.talksnet.jp/201101_2.html

『集団感染マーケティング』
http://www.talksnet.jp/201101_3.html

『トップ営業マンの「話がとぎれた時の質問法」』
http://www.talksnet.jp/201101_4.html

----------------------------------

今月号でご紹介した『集団感染マーケティング』著者の杉村晶孝先生より
こんな嬉しいメールをいただきました。
掲載許可をいただきましたので紹介させていただきます。

月刊トークス編集長 岡田様

月刊トークスで私の『集団感染マーケティング』(ダイヤモンド社刊)を
ご紹介いただきありがとうございました。

実にコンパクトに重要な点がすべて盛り込まれていて大変満足、
うれしく思います。

著者の私でもここまで凝縮しかつ具体的にわかりやすく
重要点を盛り込むことは不可能だと思いました。

特に原稿の「組み立て」がすごいとおもいます。
漬物屋の例や逆噴射、一番すごいと感じたのは著者の紹介のとりこみの
場所でした。
本のページの順番通りに書かれているのではないんですね。

またこの「集団感染マーケティング」のキモである「名宛人」の核心が
大変うまく、かつ具体的にまとめられていました。

きっと何回も何回も何時間もかけて線を何回もひきながら、
組み立てを考えて読んでいただいたのだろうと感謝いたします。
その元には聴く方々が理解しやすいようにとの配慮があるんでしょうね。
ナレーターの畠山さんもすばらしく上手で御礼申し上げます。

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

杉村晶孝

【月刊トークス】2011年1月号の詳細はこちらをクリック

http://www.talksnet.jp/new_books.html

----------------------------------
■編集後記

先日、同級生との忘年会でふぐ料理を堪能してきました。

今年も残りわずかとなりましたね。
お忙しい日が続くと思いますが、お体ご自愛ください。

それでは『社長必読!今月の4冊』次号をお楽しみにお待ちください。

********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

勉強熱心なビジネスパーソンを応援します!
ビジネスCDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
株式会社トークス
okada@talksnet.co.jp
http://www.talksnet.jp/
ツイッター http://twitter.com/talksokada
フェイスブック http://www.facebook.com/talksokada
メルマガバックナンバーサイト http://talksnet.biz/

〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
発行システム :『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/m/0000079782.html
マガジンID :0000079782
********************************************************************

タグ

2010年12月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2010年

2007年1月22日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おかげさまで「まぐまぐ殿堂入り」メールマガジン!
『社長必読!今月の4冊』 2007年1月22日号
本日の読者数 9,458人(まぐまぐ7,699人+自社配信1,759人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。

このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
『月刊トークス』2007年2月号(1月22日発行)に収録した4冊と
その中に出てくるキーワードをお届けします。

今月も、
たくさん読んで、たくさん読んで、
たくさん捨てて、たくさん捨てて
残したのがこの4冊です。

----------------------------------
★「女性活用のプロ」が明かす、元気な会社の人財開発法
『社長、女のセンスを生かせなくて会社が伸びますか』
日野佳恵子(ハー・ストーリィ社長)著
三笠書房刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆お客のほとんどが女性なのに、開発も営業も男性中心はおかしい
社内の女性を集めてマーケティングプロジェクトを立ち上げる
◆女性社員が望んでいるキャリアコースを用意する
◆昇進昇格の意欲が少ない女性社員から不安材料を取り除く
◆女性社員にも男性社員と同様、早くからマネジメントの勉強の機会を与える
◆女性社員の目標となるロールモデルを意識して誕生させる
◆女性は仲間意識、横並び意識が強い
複数のリーダーを誕生させると女性の心理的不安や負担はやわらぐ

MP3購入→ http://www.talksnet.biz/products/p-229.html

----------------------------------
★トヨタ式は難しくない。大切なのはちょっとした気づきだ!
『トヨタ式ならこう解決する!』
若松義人(カルマン社長)著
東洋経済新報社刊 1,600円(税別)

【キーワード】
◆トヨタ式はマニュアルではない
◆見て、聞いて、学ぶ人は多いが、実際に取り入れられる人は少ない
◆ジャスト・イン・タイム:遅れるのはダメだが、早すぎるのはもっとダメ
◆部分最適ではなく、全体最適を考える
◆改善能力があれば、どんな機械でもカタログ以上の性能を引き出せる
◆改善は「原価が安くなったか」「業績に結びつくか」
「お客様のためになったか」で判断すること
◆トヨタ式は、現場で働く人たちの知恵を重視する

MP3購入→ http://www.talksnet.biz/products/p-228.html

----------------------------------
★時代遅れの営業理論はいらない!営業スタイルは進化していく
『ダメな奴ほどよく売れる 間違いだらけの営業理論』
是永英治(コンフィデンス社長)著
ゴマブックス刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆高度経済成長期までは、ゴリゴリ押すプロダクト・アウト型の営業
◆現在の課題解決型、提案型の商材に適した営業スタイルは
カスタマーアウト型
◆「商品に惚れ込め」から「顧客に惚れ込め」
◆商品説明よりも相手に質問して話を聞く
◆顧客の口から問題点、課題を引き出す
◆長い質問よりも短い質問
◆「説得によるイエス」ではなく「納得によるイエス」が大切

MP3購入→ http://www.talksnet.biz/products/p-227.html

----------------------------------
★時間に支配される人から時間を支配する人に変身しましょう!
『1週間は金曜日から始めなさい』
臼井由妃(健康プラザコーワ社長)著
かんき出版刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆時間がないから○○できないというのは言い訳にすぎない
◆「引き算の発想」から「足し算の発想」に切り替える
◆人と会う時間をなにより一番大切にする
◆決断は15分でする
◆「1週間は月曜日から水曜日までの3日間しかない」と考える
◆木曜日:月曜日~水曜日に行った仕事の進み具合や問題点をチェック
◆金曜日:翌週の仕事に備え、資料の準備やアポイントの確認を行う。
普段は忙しくて頭が回らない中長期的な未来のことを考える

MP3購入→ http://www.talksnet.biz/products/p-226.html

----------------------------------
◆CDマガジン『月刊トークス』を聴けば、あなたは
・移動時間や隙間時間を有効活用できる
・ビジネスのヒントがいっぱい得られる
・商談や会議でのトークのネタがいっぱい得られる
・元気いっぱいのビジネスパースンになれる・・・・・・

お申し込みは⇒ http://www.talksnet.co.jp/
電話でのお申し込みは⇒045-663-8251

電話で試聴もできます。(試聴ダイヤル:045-663-8230)

-----------------------------------
◆聴いてから読むか、読んでから聴くか
本をアマゾンで買って読みたい方は下記をクリックしてください。

『社長、女のセンスを生かせなくて会社が伸びますか』
http://tinyurl.com/3a55st
『トヨタ式ならこう解決する!』
http://tinyurl.com/2v78ww
『ダメな奴ほどよく売れる 間違いだらけの営業理論』
http://tinyurl.com/2thlgr
『1週間は金曜日から始めなさい』
http://tinyurl.com/2nbdbk

----------------------------------
■著者のメルマガ紹介コーナーです。

1冊目の著者、日野さんの会社ハー・ストーリィ発行のメルマガは
3つあります。

女性に共感されるマーケティングをお考えの方向け
・ハー・ストーリィビジネス通信

”クチコミ”を知り、学びたい人におススメ
・クチコミで会社を伸ばす方法

女性マーケッターの視点が欲しい人必読
・ミズリィー・ウォッチャー

詳細とお申し込みはこちら

http://www.herstory.co.jp/07mailmag/index.html

----------------------------------
■メルマガの相互紹介のコーナーですが、今回はございません。

メルマガの相互紹介をしませんか?
当メルマガ「社長必読!今月の4冊」読者に役立つ内容のメルマガの
発行者(発行部数1,000部以上)で相互紹介にご興味のある方は
編集長岡田 okada@talksnet.co.jp までメールをください。
弊誌では有料広告は受け付けておりません。

----------------------------------
■ビジネスコーチ養成スクールのご案内です。
無料説明会に参加してみませんか。

----------------------------------
経営者11名・大企業マネージャー4名が受講した
“少数精鋭”の『ビジネスコーチ養成スクール第3期』 開校

「簡単に見えて、奥が深く実践的だった。コーチングに少し触れて疑問を
感じていたが、ビジネスコーチ株式会社のコーチングは違うと感じた。」

▼ 2月1日 無料説明会の詳細・お申込みはこちらから ▼
http://www.businesscoach.co.jp/rd/109s.html
※ご参考※『ビジネスコーチング』を2分30秒の映像で理解する↓↓↓
http://www.businesscoach.co.jp/video/t_businesscoaching.html

----------------------------------
■編集後記

センター試験が終わりましたね。
私の一人息子も受験生です。
出来はともかく、毎晩遅くまで塾で勉強しているようです。

息子を見ていると、自分の学生時代を思い出します。
1969年、当時は学園紛争が激しく、
私は日本の大学へ行く気がなくなりました。
紆余曲折の後、結果的に、アメリカの大学、日本の大学両方に
進学することになりましたが・・・。

歴史にイフ(if)はないと言いますが、もし学園紛争がなかったら
どうなっていたんだろうと時々思います。

いずれにしろ年齢を重ねてくると若いというだけで羨ましくなりますね。
試験の結果がどうであろうとたくましく育ってほしいものです。

それでは次号は「社長必読!今月の4冊」裏話を2月5日(月)に
お届けします。お楽しみにお待ちください。

----------------------------------
このメルマガのバックナンバーは下記のページですべて読むことができます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000079782

―――――――――――― 登録/解除の方法 ――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.mag2.com/m/0000079782.htmによりいつでも登録/解除可能です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
下記の文章でお知り合いの方にご紹介してくださ~い!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
■ビジネス書を選ぶ前にこのメルマガを読もう!
「社長必読!今月の4冊」は勉強熱心な社長・経営幹部を対象としたメルマガ
です。毎月数十冊以上のビジネス書に目を通すビジネス経験豊富な編集長が
厳選した4冊の本の中に出てくるキーワード及び編集裏話を紹介します。
あなたも勉強し続ける社長になろう! http://www.talksnet.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/m/0000079782.htm
マガジンID :0000079782
――――――――――――――――――――――――――――――――――

タグ

2010年11月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2007年

このページの先頭へ