海外Webマーケティングの教科書 | 高岡謙二著 【要約抜粋】

2016年最後のメルマガは「海外Webマーケティング」についてです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
  『社長必読!今月の4冊』 2016年12月27日号
    本日の読者数 6,094人(まぐまぐ4,521人+自社配信1,573人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
トークス編集長の岡田です。
いつもメールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、月刊トークス最新号(2017年1月号)から1冊目の
『海外Webマーケティングの教科書』の一部をご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★クイックレスポンスを心がける

この言葉は『海外Webマーケティングの教科書』(日本実業出版社)に
出てきた言葉です。
著者はエクスポート・ジャパン株式会社代表取締役の高岡謙二さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

外国語Webサイトを開設して、引き合いのメールが海外から入った際、
大事なのはクイックレスポンスを心がけることです。
返信が遅いと、相手を不安にさせたり、無視されたと受け取られる
おそれがあります。
最初から詳細な内容のメールを返信する必要はありません。
短い文章でかまわないので、
受け取ってから24時間以内に返信するクセをつけてください。

たとえば、まず問い合わせのメールを確かに受け取った旨の内容を送信し、
内容を検討したうえで後日改めてメールすると伝えるのです。
そうすれば、相手を不安にさせることはありません。
きちんとした会社であると印象づけることができるでしょう。
当たり前のことかもしれませんが、
こうしたことから信頼関係はつくられていくのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆外国語Webサイトを構築し、自社独自の情報を正しく伝えていく
◆日本語のサイトを単純に外国語に翻訳してはならない
◆会社の一番の強みをベースに情報発信の戦略を立てる
◆Webサイトは運用して情報を更新していくプロセスが非常に重要
◆Webサイトを足掛かりにした海外取引を始める際、担当者を決めておく
◆引き合いのメールにはクイックレスポンスを心がける
◆検索エンジンマーケティングがBtoB取引では最も主流となる手法
◆WebサイトやSNSを活用すれば小額の資本でも世界中にリーチできる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → http://youtu.be/7APopCkocmI

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201701issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/438434

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201701_1.html

----------------------------------
■CDマガジン月刊トークス2017年1月号のご案内です

★世界中に販路を拡げる
 『海外Webマーケティングの教科書』
 高岡謙二(エクスポート・ジャパン株式会社代表取締役)著
 日本実業出版社刊

★誰にもマネできない成長スピードを身につけろ!
 『鬼速PDCA』
 冨田和成(株式会社ZUU代表取締役)著
 クロスメディア・パブリッシング刊

★1000人以上を指導したJALの元CAが教えます!
 『接客の一流、二流、三流』
 七條千恵美(株式会社GLITTER STAGE代表取締役)著
 明日香出版社刊

★劇的に効率がアップする超速仕事術
 『仕事の問題は30秒で解決できる』
 石田健一(パーソナルコーチ、ブランディングコンサルタント)著
 かんき出版刊

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201701issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/438434

----------------------------------
■編集後記
  
 2016年最後のメルマガです。
 今年もご愛読いただきありがとうございました。
 来年もよろしくお願いいたします。
 どうぞよいお年をお迎えください。

 メルマガのバックナンバーは下記サイトですべて読むことができます。
 → http://talksnet.biz/

 カテゴリー別サイトはこちら
 → http://www.talkslibrary.net/

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2016年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2016年

ビジネス書の要約CD月刊トークス2017年1月号を発行しました

ビジネス書の要約CD月刊トークス2017年1月号発行しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
  『社長必読!今月の4冊』 2016年12月20日号
    本日の読者数 6,093人(まぐまぐ4,520人+自社配信1,573人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!そして新しい方へ、はじめまして!
ビジネス書の要約CD月刊トークス編集長の岡田です。

このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
月刊トークス2017年1月号(創刊25年目、第292号)に
収録した4冊とその中に出てくるキーワードをお届けします。

----------------------------------
★世界中に販路を拡げる
 『海外Webマーケティングの教科書』
 高岡謙二(エクスポート・ジャパン株式会社代表取締役)著
 日本実業出版社刊 2,000円(税別)

【キーワード】
◆外国語Webサイトを構築し、自社独自の情報を正しく伝えていく
◆日本語のサイトを単純に外国語に翻訳してはならない
◆会社の一番の強みをベースに情報発信の戦略を立てる
◆Webサイトは運用して情報を更新していくプロセスが非常に重要
◆Webサイトを足掛かりにした海外取引を始める際、担当者を決めておく
◆引き合いのメールにはクイックレスポンスを心がける
◆検索エンジンマーケティングがBtoB取引では最も主流となる手法
◆WebサイトやSNSを活用すれば小額の資本でも世界中にリーチできる

----------------------------------
★誰にもマネできない成長スピードを身につけろ!
 『鬼速PDCA』
 冨田和成(株式会社ZUU代表取締役)著
 クロスメディア・パブリッシング刊 1,480円(税別)

【キーワード】
◆PDCAサイクルは前進を続けるためのフレームワーク
◆PDCAのAはアクション(改善)ではなくアジャスト(調整)
◆あらゆるPDCAは、たどり着きたいゴールを決めることから始まる
◆PDCAの速さと深さは因数分解で決まる
◆マインドマップであらゆることを因数分解する
◆DOを具体的なタスクレベルに分解し、スケジュール化したものがTODO
◆チェック(検証)する対象はKGI、KPI、KDI
◆アジャストでは、対応を検討し、次のPDCAサイクルにつなげる

----------------------------------
★1000人以上を指導したJALの元CAが教えます!
 『接客の一流、二流、三流』
 七條千恵美(株式会社GLITTER STAGE代表取締役)著
 明日香出版社刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆接客の正解は1つではない
◆何が正解かということを決めるのはお客さま
◆家族だったらどうするかという視点こそ、愛のある一流の接客
◆一流はライバルに「らしさ」で勝負する
◆お客さまを見ないで挨拶するのは三流
◆感謝の気持ちを伝える際には、「より具体的に」ということを意識する
◆お客さまの心を動かすのは、取り組む姿勢である
◆目の前にいる人に自分は何ができるだろうと考える

----------------------------------
★劇的に効率がアップする超速仕事術
 『仕事の問題は30秒で解決できる』
 石田健一(パーソナルコーチ、ブランディングコンサルタント)著
 かんき出版刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆超一流のビジネスパーソンは短時間で考え方や視点を変え、すぐ行動する
◆超一流のビジネスパーソンが大事にしていることは基本的なこと
◆30秒で仕事の問題を解決するためには、まずゴールを設定すること
◆コミュニケーションの究極の形は、相手に「1回で正確に伝わる」こと
◆コミュニケーションは「主題+論拠」の構成で伝える
◆3ステップシートに、テーマ、結論、具体的理由を書き込む
◆1日に30秒だけ部下をしっかり観察する
◆成功する人の共通点は、気持ちの切り替えが早いこと

----------------------------------
【月刊トークス】CD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201701issue.html

【月刊トークス】CD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/438434

----------------------------------
◆聴いてから読むか、読んでから聴くか

 アマゾンへのリンクです。
 ↓  ↓  ↓
 『海外Webマーケティングの教科書』
 http://www.talksnet.jp/201701_1.html

 『鬼速PDCA』
 http://www.talksnet.jp/201701_2.html

 『接客の一流、二流、三流』
 http://www.talksnet.jp/201701_3.html

 『仕事の問題は30秒で解決できる』
 http://www.talksnet.jp/201701_4.html

----------------------------------
■編集後記

 月刊トークスの年末年始進行は順調に進んでいます。
 何かと慌ただしい季節です。ご自愛ください。

 メルマガのバックナンバーは下記サイトですべて読むことができます。
 → http://talksnet.biz/

 マーケティング等カテゴリー別サイトはこちら
 → http://www.talkslibrary.net/

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2016年12月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2016年

自分を捨てる仕事術 | 石井朋彦著 【要約抜粋】

今日のメルマガは「自分を捨てる仕事術」についてです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
  『社長必読!今月の4冊』 2016年12月13日号
    本日の読者数 6,099人(まぐまぐ4,524人+自社配信1,575人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
トークス編集長の岡田です。
いつもメールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、月刊トークス最新号(2016年12月号)から4冊目の
『自分を捨てる仕事術』の一部をご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★自分のために仕事をしない

この言葉は『自分を捨てる仕事術』(WAVE出版)に出てきた言葉です。
著者はアニメプロデューサーの石井朋彦さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

ジブリ退社後の10年間、ぼくにとって苦しい時代が続きました。
必死に頑張っているのに、仕事はことごとくうまくいきません。
ある夜、鈴木語録が書かれたノートを読み直しました。
そのなかで、これまで目にとまらなかった言葉がひときわ光を放って、
飛び込んできたのです。
「自分のために仕事をしない」

鈴木さんも宮崎さんも、自分のためにではなく、周りのために、
そして最終的には、作品を見てくれるお客さんのために映画と向き合っている。
それに対してぼくは、「自分のやりたい企画」「自分がいいと思うアイデア」
に固執し、自分のことばかり考えて仕事をしていたことに気づきました。

そこでぼくは、自分発の企画ではなく、自分のことを必要としてくれている
人からもたらされた企画を片っ端から受けることにしました。
結果は劇的でした。
人からは、「あいつに頼めば何とかしてくれる」と信頼してもらえるし、
自分の心も健全です。
さらに得られたのは、人のふんどしを借りた仕事の方が、
自分をちゃんと出すことができる、という真実でした。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆3年間、自分を捨てておれの真似をしろ
◆会議室を確保し、席順を決め、議事録を取ることが、ぼくの最初の仕事
◆会議は席順が命。席順を変えるだけで議論の質ががらりと変わる
◆会議の目的は自分ひとりでは到達できない発想が生まれること
◆自分のために仕事をしない
◆自分を必要としてくれている人からの企画を片っ端から受ける
◆人間関係のトラブル対応のときも自分を捨て解決策や代案を先に言わない
◆可能な限りの手を打ったら、あとは時が解決してくれるのを待つ

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → http://youtu.be/E8dNmWiGy6I

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/430163

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612_4.html

----------------------------------
■CDマガジン月刊トークス2016年12月号最終のご案内です

★ちょっとしたアイデアを驚異的なビジネスに変える
 『クリエイターズ・コード』
 エイミー・ウィルキンソン(戦略アドバイザー)著
 日本実業出版社刊

★トヨタホームで4年連続トップ営業マンが実践した成績アップの時短術
 『残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則』
 菊原智明(営業コンサルタント)著
 明日香出版社刊

★センスは天性のものじゃない!
 『高橋宣行の発想筋トレ』
 高橋宣行(元博報堂制作部長)著
 日本実業出版社刊

★スタジオジブリのトッププロデューサー、鈴木敏夫さんにたたき込まれた
 『自分を捨てる仕事術』
 石井朋彦(アニメプロデューサー)著
 WAVE出版刊

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/430163

----------------------------------
■編集後記
  
 先週末、紫外線カットの眼鏡を買おうとチェーン店2軒に行きました。
 今の僕は軽い近視ですが、日常生活では支障がないため、度なしを希望。
 2軒とも度付きがいい、カラーレンズにした方がいいと余計なお節介。
 アップセルはマーケティングのセオリーですが、
 初めてで信頼関係ができていない客にはどうでしょうか?
 僕はダメですが、あなたは?

 メルマガのバックナンバーは下記サイトですべて読むことができます。
 → http://talksnet.biz/

 カテゴリー別サイトはこちら
 → http://www.talkslibrary.net/

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2016年12月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2016年

高橋宣行の発想筋トレ | 高橋宣行著 【要約抜粋】

今日のメルマガは「発想筋トレ」についてです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
  『社長必読!今月の4冊』 2016年12月8日号
    本日の読者数 6,104人(まぐまぐ4,529人+自社配信1,575人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
トークス編集長の岡田です。
いつもメールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、月刊トークス最新号(2016年12月号)から3冊目の
『高橋宣行の発想筋トレ』の一部をご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★知識と体験を増やすことでセンスは磨かれる

この言葉は『高橋宣行の発想筋トレ』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は元博報堂制作部長、現在はフリープランナーの高橋宣行さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

昔からアートやファッションに関わることについて、
私たちは「センスがいい」「センスが悪い」という言い方をしてきました。
しかし、仕事や暮らし・・・・・・モノゴトのすべてに関わっているのがセンスです。
そこで私は、センスを「微妙な違いを感じ取る感覚」と解釈。
モノゴトの微妙な違いに気づき、感じ、嗅ぎわけられる感覚の総体と考えます。

微妙を感じるには、まず知ることです。
知らなければ、違いは見えてきません。
知識と体験を増やすことでセンスはさらに磨かれていきます。
センスは、鍛えれば鍛えるほど研ぎすまされていきます。

同じものを見ても「センスのいい人」には気づきがあります。
目のつけどころが違うのです。
そして、その目が、発想の大きな切り口となります。
知識と体験をたくさん持つということは、いろいろな角度からモノゴトを見て、
感じて、考えられるということです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆仕事や暮らし・・・・・・モノゴトのすべてに関わっているのがセンス
◆センスは「微妙な違いを感じ取る感覚」
◆知識と体験を増やすことでセンスは磨かれる
◆同じものを見ても「センスのいい人」には気づきがある
◆創造的作業は、「創る」というより「発見」
◆知らなければ発見は生まれない
◆「知ること」は、単なるモノ知りになるのではない
◆発想センスを鍛えることで、今、一番求められている人に近づける

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → http://youtu.be/XRryaiTAteE

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/430163

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612_3.html

----------------------------------
■CDマガジン月刊トークス2016年12月号のご案内です

★ちょっとしたアイデアを驚異的なビジネスに変える
 『クリエイターズ・コード』
 エイミー・ウィルキンソン(戦略アドバイザー)著
 日本実業出版社刊

★トヨタホームで4年連続トップ営業マンが実践した成績アップの時短術
 『残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則』
 菊原智明(営業コンサルタント)著
 明日香出版社刊

★センスは天性のものじゃない!
 『高橋宣行の発想筋トレ』
 高橋宣行(元博報堂制作部長)著
 日本実業出版社刊

★スタジオジブリのトッププロデューサー、鈴木敏夫さんにたたき込まれた
 『自分を捨てる仕事術』
 石井朋彦(アニメプロデューサー)著
 WAVE出版刊

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/430163

----------------------------------
■編集後記
  
 昨夜は東京から弟夫婦が来てくれたので年内最後の兄弟会。
 よく飲んで、よく食べ、よく笑いました(笑)

 メルマガのバックナンバーは下記サイトですべて読むことができます。
 → http://talksnet.biz/

 カテゴリー別サイトはこちら
 → http://www.talkslibrary.net/

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2016年12月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2016年

残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則 | 菊原智明著 【要約抜粋】

今日のメルマガは「営業の時間術」についてです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
  『社長必読!今月の4冊』 2016年12月6日号
    本日の読者数 6,106人(まぐまぐ4,531人+自社配信1,575人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
トークス編集長の岡田です。
いつもメールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、月刊トークス最新号(2016年12月号)から2冊目の
『残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則』の一部をご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★仕事をテストのように考えてやる

この言葉は『残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則』(明日香出版社)
に出てきた言葉です。
著者は営業コンサルタントの菊原智明さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事はすべてデッドラインを意識する。
これは時間術で非常に重要な考え方です。
トップ営業になってからの私は、仕事をテストのように考えていました。
「次のアポまでの45分間でこの仕事を仕上げるぞ」とか
「11時までの20分間で会社の提出書類をまとめる」といった感じです。
やることとデッドラインが決まれば、おのずと集中力が高まります。

一見難しく感じますが、実はあなたは学生時代に数え切れないほど経験して
います。
学校のテストは「あと5分あればできるのですが」と言っても
延長はしてくれず、時間がくれば終わりです。
それを何百回、何千回とあなたはやってきました。

仕事もテストのように考えてやればいいのです。
仕事に手をつける前に、たとえば「10時までの30分間でプレゼン資料を
仕上げる」と決めてからはじめてください。
どんな仕事でもリミットがあるからこそ集中力が高まるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆仕事はすべてデッドラインとスタート時間を意識する
◆アクションプランを作成すると実行率は飛躍的にアップする
◆その日に終わらなかった仕事は残業せず、翌日少し早く出社してこなす
◆朝早くが難しいのなら、休日の1時間だけ投資して、たまった仕事をする
◆アポイントの数は目一杯詰め込まず、少し余裕を持つ
◆他の営業スタッフがほとんどフォローしない中長期のお客様を大切にする
◆「無駄にしている時間を書き出す」ワークをする
◆仕事仲間にに気持ち良く動いてもらう言葉を使う

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → http://youtu.be/d49JQ_Igc30

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/430163

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612_2.html

----------------------------------
■CDマガジン月刊トークス2016年12月号のご案内です

★ちょっとしたアイデアを驚異的なビジネスに変える
 『クリエイターズ・コード』
 エイミー・ウィルキンソン(戦略アドバイザー)著
 日本実業出版社刊

★トヨタホームで4年連続トップ営業マンが実践した成績アップの時短術
 『残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則』
 菊原智明(営業コンサルタント)著
 明日香出版社刊

★センスは天性のものじゃない!
 『高橋宣行の発想筋トレ』
 高橋宣行(元博報堂制作部長)著
 日本実業出版社刊

★スタジオジブリのトッププロデューサー、鈴木敏夫さんにたたき込まれた
 『自分を捨てる仕事術』
 石井朋彦(アニメプロデューサー)著
 WAVE出版刊

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201612issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/430163

----------------------------------
■編集後記
  
 安倍首相が日米開戦の発端となったハワイ・真珠湾を訪問するとのこと。
 「Remember Pearl Harbor」と何度も言われた留学時代を思い出しました。
 でも、アメリカは昔も今も大好きな国です。

 メルマガのバックナンバーは下記サイトですべて読むことができます。
 → http://talksnet.biz/

 カテゴリー別サイトはこちら
 → http://www.talkslibrary.net/

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2016年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2016年

このページの先頭へ