2002年3月20日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長必読!今月の4冊    2002年3月20日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

勉強熱心な社長にお勧めの今月の4冊とその中に出てくるキーワードです。

------------------------------
1.『自分と未来は変えられる』
高塚  猛著(福岡ダイエーホークス社長)
かんき出版刊
1,400円

【キーワード】
◆人の力をお借りする
◆目的を決めて、目標を設定する
◆コミュニケーションとコンセンサスを大事にする
◆他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来だけだ
「自分ができること」によって未来を変えていくしかないのだ
◆与えられた条件の中ですべてクリアする
◆地元第一主義
◆未知のところにセールスに出向く前に、今日のお客さまをフォローする

------------------------------
2.『プロジェクト摩擦』
堀切川  一男著(東北大学大学院教授)
講談社刊
1,800円

【キーワード】
◆専門は「トライボロジー」摩擦学
◆究極に滑る「ボブスレー」から究極に滑らない「靴底」
◆産学交流から生まれた米ぬかが原料のRBセラミックス
◆学生とのブレインストーミング
同じ材料でも色々な使い道がある
滑りやすいものと滑りにくいものに応用
発想を転換すれば面白い結果が生まれる
◆実際に実験して確かめる

------------------------------
3.『社長、バリアに挑む』
中園  秀喜著(ワールドパイオニア社長)
同友館刊
1,500円

【キーワード】
◆自分が困っていることは他人も同じように困っているはずだ
◆聴覚障害者は軽度の難聴者も含めると約6百万人もいる
◆俺がやらないで誰がやるのか
◆まず実績をあげて、それを手土産に再交渉
振動式腕時計、銀行・病院等での無線を使う振動呼び出し器、簡易筆談器
◆聴覚障害者の約83%が手話を理解できない
◆「聴覚障害者用日常生活用具、補聴システム等体験ルーム」をオープン
◆口コミほど優れた宣伝媒体はない

------------------------------
4.『メジャー初コーチの「ポジティブ・コーチング」』
立花  龍司著(コンディショニング・コーチ)
講談社刊
1,300円

【キーワード】
◆選手個人個人に合わせたトレーニング・メニュー
◆監督と選手との間の会話のキャッチボール
◆指導者は勉強して自分の「引き出し」を増やす
◆どんなスター選手であったとしても、ルーキーリーグや1Aのコーチから
スタートし2A、3A、メジャーへと上がっていく間に理論や技術を学ぶ
◆主役は選手である
◆メジャーのコーチの仕事の八割は、選手のモチベーションを上げること
◆育て上げることは不可能、育つのは若者たち自身だ

------------------------------
『月刊トークス』(CD版あるいはNTTドコモのPHS版)を聞いた後や、書籍を
読んだ後にこのメールマガジンを再読すると内容をスラスラと思い出せ効果的です。

―――――――――――― 登録/解除の方法 ―――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.talksnet.co.jp/ によりいつでも登録/解除可能です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

**********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
**********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/
マガジンID :0000079782
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

タグ

2010年11月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2002年

2002年12月20日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長必読!今月の4冊    2002年12月20日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
『月刊トークス』2003年1月号(本日発行)に収録した4冊と
その中に出てくるキーワードをお届けします。

------------------------------
エジソンの時代と現代は驚くほど似ている
『エジソンに学ぶ「ビジネス思考」』
ブレーン・マコーミック(ベイラー大学ハンカマービジネススクール教授)著
廣済堂出版刊
1,600円

【キーワード】
◆1920年~1980年:企業国家コーポレート・アメリカの時代
人生は予測可能で、誠実であることが善しとされた
◆エジソンの時代:プレ・コーポレート・アメリカの時代
現代:ポスト・コーポレート・アメリカの時代
共に予測不可能な時代
◆問題解決の最善の方法は新しい視点から問題に取り組むこと
エジソン研究所はよそ者をいつでも歓迎
◆ポスト・コーポレート・アメリカの市場で成功するためには、
エジソンのように失敗からこそ学ばなければならない
◆慣例は創造性を殺してしまう-習慣的行動の枠を取り払うこと
◆エジソンは研究分野を一つに限定せず、同時に複数の研究を進めていた
◆遊ぶこと

------------------------------
思わずついていきたくなる上司とは
『ヒューマンリレーション・コンピテンシーの「威力」』
齊藤 勇(立正大学心理学部教授)著
プレジデント社刊
1,400円

【キーワード】
◆人間関係力
◆「ポーン人間」「コマ人間」-人は動かすものではない
◆プロ野球チームと企業組織は違う
ライバル心をあおらない。協調させ、協力させる
◆部下にチャレンジを期待する前に、上司がチャレンジせよ
◆減点主義から加点主義へ
◆インターネット時代、説明抜きの「俺についてこい」式は通用しない
目標を明確にし、目標へ到達する方法を具体的に示すこと
◆人は、不況になると攻撃的な行動をしたくなる
上司の行きすぎた厳しさを高く評価しない
◆部下は「向上したい」と思っている
共に成長しようという意識を持とう

------------------------------
モジュール化と分業化
『メイド・イン・ジャパンの復活』
稲垣公夫(ジェイビルサーキットジャパン社長)著
経済界刊
1,238円

【キーワード】
◆「経済のグローバル化」「市場のグローバル化」「製品のグローバル化」
全世界の競争相手を念頭においてビジネスを行う必要がある
◆進むモジュール化
◆「ワイングラス化」したパソコン業界
縦方向が売上高、横方向が利益
上のワインを入れる部分-マイクロソフト-売上高も利益率も大きい
下の台の部分-インテル-売上高は大きくはないが利益率は高い
間の細い柄の部分-パソコンメーカー-売上高は大きいが利益率は低い
◆モジュール化はワイングラス化を促進するが、そこでの生き残り策は
1.キーモジュール供給者になる(例:プリンターのキーモジュール)
2.サービス企業への転換(IBM)
◆構造を一気に変える-EMS企業へのアウトソ-シング

------------------------------
時間半減。気分爽快。成果倍増。
『会議革命』
齊藤 孝(明治大学文学部助教授)著
PHP研究所刊
1,200円

【キーワード】
◆会議はアイディアを生み出す現場である
◆結果の出るテーマ設定を行う
◆三色ボールペンやマーカーを使う
◆大事なことは「暗黙知」と付き合うこと
◆第一の革命「ポジショニング」 会議の基本単位を二人にする
共通の資料を頂点として、直角二等辺三角形になるように座る
◆第二の革命「キーワードシート」
◆第三の革命「マッピング・コミュニケーション」
二人の間に紙を置き、書き込んでいく
◆それぞれの組がプレゼンテーションを行い、全員で情報を共有する
最も優れたものをいくつか選んで、会議の決定事項とする
これで参加している人間の発想力全部をフル活用できる

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版あるいはNTTドコモのPHS版)を聞いた後や、書籍を
読んだ後にこのメルマガを再読すると内容を簡単に思い出せ効果的です。

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版)が無料でもらえるチャンス!
トークス応援団員になろう。
販売協力してくれる方が一番多いのですが、詳しくは
http://www.talksnet.co.jp/

------------------------------
■今月お勧めのメールマガジンは
『ホントに実践!インターネットマーケティング』です。
人気クチコミサイト「買物じょうず」のスタッフが、eビジネスの現場を
生々しくレポートしています。
他社の分析や事例紹介といった単なる評論ではけっして知ることができない、
立ち上げから運営までの具体的なノウハウや裏話が満載です。
http://www.surv.co.jp/mag/mkt/tks.html

■メルマガの相互紹介をしませんか?
ご興味のある方は編集長岡田okada@talksnet.co.jpまでメールをください。

それでは良いお年をお迎えください。

======================================================================
「移動時間や隙間時間を有効活用できる」と勉強熱心な社長の間で大好評!

『月刊トークス』は、数多く発行されるビジネス・マネジメント書の中から、
ビジネスのヒントになる本、トークのネタになる本を毎月4冊厳選し、
そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。

当メルマガ読者様が年間契約をお申込みの場合、お好きなバックナンバーを
1枚プレゼントします。「社長必読!今月の4冊読者です」とご記入の上、
お申込みください。 http://www.talksnet.co.jp/
======================================================================

―――――――――――― 登録/解除の方法 ―――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.talksnet.co.jp/ によりいつでも登録/解除可能です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

**********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
**********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/
マガジンID :0000079782
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

タグ

2010年11月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2002年

2002年11月20日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長必読!今月の4冊    2002年11月20日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
『月刊トークス』2002年12月号(本日発行)に収録した4冊と
その中に出てくるキーワードをお届けします。

------------------------------
儲かるように「売りもの」を変える実践手法-86社の事例
『稼ぐ商品・サービスづくり』
井上和弘(ICOコンサルティング社長)著
日本経営合理化協会刊
9,800円

【キーワード】
◆「営業力」ではなく「商品力」で勝負せよ
◆「コモディティ」ではなく、「スペシャリティ」の方向を目指せ
「コモディティ」とは「たかが立ち食い蕎麦」
「スペシャリティ」は「されど立ち食い蕎麦」
◆「されど」づくりにこだわれば「さすが」づくりにつながり、
「噂にたがわず」というブランド確立につながる
◆お客さまの役に立ち「有り難い」と評価されることが、商売の基本
1.「苦になる仕事、面倒な仕事を引き受けてくれるから有り難い」
2.「わからないこと、困ったことを解決してくれるから有り難い」
◆社長と幹部が「原点討議」を行い、自社の強みを活かし、
お客さまから「有り難い」と言われることを見つけだせ

------------------------------
社長、そんなに欲張っては会社が潰れてしまいます!
『経営者の7つの大罪』
レネ・ティッセン(世界最大級の国際会計事務所KPMGディレクター)
ジョナサン・エリス(ノンフィクション・ライター)共著
角川書店刊
1,500円

【キーワード】
◆株主利益を最優先するな
◆ライバル企業の真似はするな!二番煎じから抜け出せ
◆自前主義よりも他企業との提携が大事
◆スピーディーに変化に対応するためには資産を持たない
◆今はライバルでも、次の事業では理想のパートナーになる場合もある
◆ハンズオン経営からブレインオン経営へ
◆エンジニアは新しい知識を増やすために絶えず勉強している
経営者も同じように多くの時間を費やして勉強しなくてはならない
◆モノ中心の古い発想を捨て去れ
◆Aクラスの人材は、すぐに首を切るような会社には戻ってこない
◆知識を自由に交換できるよう、部門間の壁を取り払え

------------------------------
ターゲットを「人」から「シチュエーション」にシフトせよ!
『シチュエーションマーケティング』
関沢英彦(博報堂生活総合研究所・所長)
鷲田祐一(博報堂生活総合研究所・主任研究員)
ミカエル・ビョルン(日本エリクソン モバイル・インターネット・
ソリューションズ・ゼネラルマネージャー)著
かんき出版刊
1,800円

【キーワード】
◆ターゲットを「顧客」から顧客を取り巻く「状況」にシフトする
◆「ワンツーワン」マーケティング的な考え方を捨てる
◆「状況」に焦点を定めるのは決して受け身な姿勢ではない
能動的に「状況」を作り出すことも可能だ
◆ケータイ、ブルートゥース、無線LANを活用
飲食店等の店内で仲間と騒ぎながらアクセスすれば、
メッセージはより増幅される
◆今までのTVのCMやダイレクトメールは家庭やオフィスで見る/読む
消費の現場ではない→次に現場に着いた時、忘れる
◆ケータイ等を使った「シチュエーションマーケティング」では
情報を入手する場所と消費の現場が近接→購買の可能性が高くなる

------------------------------
数字に追われるのではなく、数字を味方につけ武器にする!
『数字で考えるとひとの10倍仕事が見えてくる』
安本隆晴(公認会計士・税理士)著
講談社刊
1,300円

【キーワード】
◆「社員」ではなく「ビジネスマン」になろう
◆「利益を生み出せる人材」とは「熱意ある、数字力を持った人材」だ
「やりとげよう」という思い込み、意欲が大切。そして数字力を持つ
◆人は理屈だけでも、情熱だけでも動かない。数字に裏打ちされた情報が必要
◆「合計するという数字力」-ミスは足し算をすることでほとんど防止できる
◆少ない時間を最大限に活用するための「1時間=50分法」
◆「クォータリー・マネジメント」1年を4分割して考える
短期的で実現可能性の高い目標値を設定できる
◆数字は大切だが、分析数字過敏症にはならないこと
◆数字のために働いているのではない
自分たちの仕事をさらに良いものにするために数字を使う

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版あるいはNTTドコモのPHS版)を聞いた後や、書籍を
読んだ後にこのメルマガを再読すると内容を簡単に思い出せ効果的です。

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版)が無料でもらえるチャンス!
トークス応援団員になろう。
販売協力してくれる方が一番多いのですが、詳しくは
http://www.talksnet.co.jp/

------------------------------
■メルマガの相互紹介をしませんか?
ご興味のある方は編集長岡田okada@talksnet.co.jpまでメールをください。

======================================================================
「移動時間や隙間時間を有効活用できる」と勉強熱心な社長の間で大好評!

『月刊トークス』は、数多く発行されるビジネス・マネジメント書の中から、
ビジネスのヒントになる本、トークのネタになる本を毎月4冊厳選し、
そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。

当メルマガ読者様が年間契約をお申込みの場合、お好きなバックナンバーを
1枚プレゼントします。「社長必読!今月の4冊読者です」とご記入の上、
お申込みください。 http://www.talksnet.co.jp/
======================================================================

―――――――――――― 登録/解除の方法 ―――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.talksnet.co.jp/ によりいつでも登録/解除可能です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

**********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
**********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/
マガジンID :0000079782
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

タグ

2010年11月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2002年

2002年10月21日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長必読!今月の4冊    2002年10月21日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
『月刊トークス』2002年11月号(本日発行)に収録した4冊と
その中に出てくるキーワードをお届けします。

------------------------------
9年連続で全国長者番付ベスト10入り!
『斎藤一人のツキを呼ぶ言葉』
清水克衛著(書店「読書のすすめ」経営者)
東洋経済新報社刊
1,500円

【キーワード】
◆「商人頭(あきんどあたま)になれ」
◆「安売りにつられるのは客頭(きゃくあたま)」
◆「商人は忙しそうに見せろ」
店を忙しく見せる工夫をする
◆幸せになるには三つのコツがある
1.不完璧主義者になる-「完璧主義者は嫌われる」
2.「良い人相は顔に○(まる)」
3.「運に勢いをつける」
勢いのいい返事をして、勢いよくスピードをつけてバンバンやる
そうすると運勢が良くなる
◆「それは簡単なんだ」効果抜群の言葉です。試してください。

------------------------------
岡田卓也(イオングループ総帥)発ヤオハン復活プロジェクト
『旧社名に未練なし』
加藤 鉱(ジャーナリスト)著
ビジネス社刊
1,500円

【キーワード】
◆「大黒柱に車をつけよ」
◆「スクラップ・アンド・ビルド」
◆「成功体験との訣別」
◆ヤオハン立て直しの戦略
-回転の速い食品に特化したスーパーにする
-ローカルスーパーに徹する(週末より平日で勝負)
ヤオハンジャパンからヤオハンに(ローカルにジャパンは似合わない)
後、マックスバリュ東海へ社名変更
◆オールディスクロージャー制度
◆品質基準の変化(社員とパートの間の議論の結果)
社員「この程度なら売ってもいい」→パート「自分だったら買わない」

------------------------------
究極の売上アップ法-お気に入りマーケティング
『あなたの思い通りにお客さんを「買う気」にさせる法』
長谷川博之(経営企画室ハイ・コアーズ代表)著
同文舘出版刊
1,400円

【キーワード】
◆新規客の獲得よりも、既存客を大事にする
◆儲かる店とそうでない店の、決定的な違い
儲かる店は、顧客名簿と顧客情報を持っている
儲からない店は顧客名簿しか持っていない
◆お客さんが一目惚れするような商品を探し出すノウハウ
-「協調フィルタリング」という統計学の手法
-「好みマッピング」という著者独自の方法
◆協調フィルタリングの例-アマゾン・ドット・コムのサイト
「この本を買った人は、こんな本も買っています」
◆好みマッピングは、商品をグループ化し、お客さんの好みを見つけ出す方法
◆お店主体の仕入れ→お客さん主体の仕入れ

------------------------------
超一級の人材・組織変革コンサルタントによる
『ビジネスマン プロ化宣言』
淡輪敬三(ワトソンワイアット日本法人社長)著
かんき出版刊
1,400円

【キーワード】
◆競争力のあるプロになるためには、「ほんとうに好きなこと」を見つける
◆プロフェッショナルの定義は、お客が誰かを定義した状況から始まる
価値を伝える相手、お客がいないかぎり、プロにはなれない
◆変化の激しい現在、過去の蓄積で勝負できるほど甘くはない
ということは、一流になるためにはどんな年齢であろうと遅くはない
◆やらざるをえないところに「自分を追い込む」
◆英語やITに限らずビジネスに必須だといわれるものは、次々に出てくる
何事も逃げてしまわないで、できるはずだと考えて取り組んでみる
実際やってみればたいしたことはないというケースが、実は多い
◆プロとは、利己的な個人プレイヤーではない。むしろ多くの仲間が必要だ
◆ポジティブな見方が最も重要なポイント

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版あるいはNTTドコモのPHS版)を聞いた後や、書籍を
読んだ後にこのメルマガを再読すると内容を簡単に思い出せ効果的です。

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版)が無料でもらえるチャンス!
トークス応援団員になろう。
販売協力してくれる方が一番多いのですが、詳しくは
http://www.talksnet.co.jp/

------------------------------
■今月お勧めWeb Siteとメルマガのご紹介です。

企業にお勤めの現役人事マンが週刊で発行しておられます。
一問一答なので読みやすいメルマガです。

★☆★ 企業の人事担当者、管理職は必読!! ★☆★
【一問一答!!人事・労務の基礎知識】
人事担当者のみならず、現場の責任者や管理職として知っておくべき人事・
労務の基礎知識を、一問一答形式でお届けします。楽しみながら自然に理解が
深まります。登録はこちらから → http://www.mag2.com/m/0000095964.htm

————————————————————
月刊トークスはCDですが、以前はカセットテープでした。
経営に役立つカセットやビデオはこちらをどうぞ!

★★「こんなにテープが刺激をくれるなんて!」
社長様に人気のテープ勉強法とは★★
伸びている会社の社長様は、みんなテープで勉強する習慣を
持っています。「あの経営者の話しを聞いて勇気づけられた!」
「決算書の読み方が60分で理解できた!」などカセットテープ
やビデオテープを通じて経営のノウハウがコマギレ時間で入手
できます。毎月15テーマの新しいテープを新発売!メルマガで
もテープから入手できる経営のヒントをお送りしています。
((株)FPステーション )
詳しくはこちら→ http://www.fpstation.co.jp/tuhan/index.html

------------------------------
■メルマガの相互紹介をしませんか?
ご興味のある方は編集長岡田okada@talksnet.co.jpまでメールをください。

======================================================================
「移動時間やちょっと空いた時間を有効活用できる」と
勉強熱心な社長の間で大好評!

『月刊トークス』は、数多く発行されるビジネス・マネジメント書の中から、
ビジネスのヒントになる本、トークのネタになる本を毎月4冊厳選し、
そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。

海外向けEMS発送も始めました。
http://www.talksnet.co.jp/
======================================================================

―――――――――――― 登録/解除の方法 ―――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.talksnet.co.jp/ によりいつでも登録/解除可能です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

**********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
**********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/
マガジンID :0000079782
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

タグ

2010年11月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2002年

2002年9月20日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長必読!今月の4冊    2002年9月20日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
『月刊トークス』2002年10月号(本日発行)に収録した4冊と
その中に出てくるキーワードをお届けします。

------------------------------
スーパークインの顧客の声を聞くしくみ
『お客さまがまた来たくなるブーメランの法則』
ファーガル・クイン著(顧客サービスのレベルの高さで有名なアイルランドの
スーパーマーケット、スーパークインの創業経営者)
かんき出版刊
1,300円

【キーワード】
◆従業員に業界の常識を忘れさせる
◆よい販売員はお客さまにたくさん買わせる人ではない
お客さまを再来店させることのできる人だ
◆せめて月に一度は自分の家庭の買い物を自分でする
◆お客さまに再来店してもらうためには聞くことが大切
お客さまの声を聞く秘訣
1.聞くしくみを必ず数種類作る
2.トップ自らが聞く
-私はレジでお客さまの買い物を袋詰めしながら聞く
3.聞きたくないことを聞く
誉め言葉ではなく、うまく運営できていないところ等を聞く

------------------------------
世界最高のデザイン・ファームと言われるIDEO社の創造力の秘密
『発想する会社!』
トム・ケリー(IDEOゼネラル・マネジャー)&
ジョナサン・リットマン(テクノロジーライター)著
早川書房刊
2,500円

【キーワード】
◆自分自身の目と耳で物事を見聞きする
◆ブレインストーミングではテーマの焦点を絞る
◆個人ではなく、「チーム」こそイノベーションとビジネスの原動力
◆プロトタイプは1,000枚の写真と同じ価値がある
◆オフィススペースを大切にする
開放的な部分とプライバシーを保てる部分がうまく溶け合っているか
◆他家受粉とイノベーション
競争に目を奪われず、競合しない業界から学ぶ
◆失敗は成功への早道
リスクを恐れず、企業家精神あふれる小さな会社のように行動する

------------------------------
世界最強の小売業とどう戦うか
『ウォルマートは日本の流通をこう変える』
野口智雄(早稲田大学社会科学部教授)著
ビジネス社刊
1,300円

【キーワード】
◆ウォルマートの大躍進でアメリカの小売業界は猛烈なM&Aが進んだ
◆ウォルマートが日本で本気になれば、競合するのは
-総合スーパーだけではない
ヤマダ電機、コジマ、ヨドバシカメラなど全ての小売業者だ
-小売業者だけではない
コア・コンピタンスを持たない卸業者は存亡の危機に立つ
メーカーも安穏としてはいられない
◆やりようによっては中小零細小売業者でもひなびた商店街でも生き残れる
おばあちゃんの原宿「東京巣鴨地蔵通り商店街」
◆リスクの多いナンバーワンをめざすな!オンリーワンをめざそう!

------------------------------
自社のメールが自社のブランドを破壊することのないように。
『顧客に選ばれるEメールマーケティング』
鶴本浩司(マーケティング構成作家)著
かんき出版刊
1,500円

【キーワード】
◆ゴミ箱へ直行する大多数のメール
◆差出人や件名を見ただけで「削除」という行為を繰り返す。
即ちそのブランド名または企業名が否定、破壊されていることに気づこう
◆リレーションを維持しよう
◆パーミションを理解するための考え方
(1)スパム(2)オプトアウト(3)オプトイン
◆オプトインの範囲は、将来の拡張性も想定しつつ、きちんと提示する
◆メールマーケティングは量から質への転換期
- 時代はシングルオプトインからダブルオプトインへ
- 一定期間が経過したら再オプトインを依頼する

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版あるいはNTTドコモのPHS版)を聞いた後や、書籍を
読んだ後にこのメルマガを再読すると内容を簡単に思い出せ効果的です。

------------------------------
■『月刊トークス』(CD版)が無料でもらえるチャンス!
トークス応援団員になろう。
販売協力してくれる方が一番多いのですが、詳しくは
http://www.talksnet.co.jp/

------------------------------
■今月お勧めWeb Siteとメルマガのご紹介です。

◎メルマガ「面白くってタメになる【智慧コラム】」

~~ デフレ期は、自己投資が大切 ~~
良質な異分野の情報や論点、次の時代へのニーズを、独自のコラムでお届けす
る「情報化社会のe智慧マガジン」をご紹介しましょう。
智慧をキーワードに世相を読み解く各分野のニュースコラムは、すべて書き下
ろし。毎週1回、無料メルマガの「面白くってタメになる【智慧コラム】」で
配信しています。新鮮な論点やニュース価値を、あなたの次の発展につなげて
ください。ビジネスパーソンの教養Webマガジンにもなっているようですよ。
詳しくは → http://www.officerei.com/echie_magazine/

————————————————————

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★あのライバル店の鼻をあかす  ! 「目からウロコ」の成功実績  !
必見【あなたのお店に行列が出来る方法】★無料セミナー開催中 !
成功したい人、これ以上ソンをしたくない人以外見ないで下さい。
●お申込は今すぐこちらから ⇒  http://pnet-t.com/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

------------------------------
■メルマガの相互紹介をしませんか?
ご興味のある方は編集長岡田okada@talksnet.co.jpまでメールをください。

======================================================================
「移動時間やちょっと空いた時間を有効活用できる」と
勉強熱心な社長の間で大好評!

『月刊トークス』は、数多く発行されるビジネス・マネジメント書の中から、
ビジネスのヒントになる本、トークのネタになる本を毎月4冊厳選し、
そのエッセンスを1枚のCD(約50分)に収録してお届けしています。

海外向けEMS発送も始めました。
http://www.talksnet.co.jp/
======================================================================

―――――――――――― 登録/解除の方法 ―――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.talksnet.co.jp/
よりいつでも登録/解除可能です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

**********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
**********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/
マガジンID :0000079782
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

タグ

2010年11月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:2002年

このページの先頭へ