岡村佳明著 | 看板のない居酒屋

Pocket

「看板のない居酒屋」って聞いたことがありますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
  『社長必読!今月の4冊』 2013年4月30日号
    本日の読者数 7,771人(まぐまぐ5,695人+自社配信2,076人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。
いつもメールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、月刊トークス最新号の2013年5月号から、
『看板のない居酒屋』の一部をご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★いかに来てもらうかではなく、いかに帰ってもらうか

この言葉は『看板のない居酒屋』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は静岡県で7店の居酒屋を経営する岡むら浪漫代表の岡村佳明さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

居酒屋に限らず、商売をやっている人は
「どうやってお客さんに来ていただこうか」
ということを考えていると思います。

でも、長い間、おふくろと一緒に仕事していた私は、ちょっと違うことを
教えてもらっていました。
それは、「商売とはいかに来てもらうかではなく、いかに帰ってもらうか」
ということです。

いかに来てもらうかを考えると、
宣伝したり、大きな看板を出したり、安売りしようと考えます。
でも、おふくろはいつも「いかに帰ってもらうか」だけを考えていたのです。
岡むら浪漫の、そして私のポリシーでもある「宣伝しない」「看板出さない」
「入り口わからない」「100%口コミのお店をつくる」ということも、
この教えが原点になっています。

おふくろはいつもこう言っていました。
「また来たいと思ってもらえたのか。喜んで帰ってくれたのか。もう来ないと
思われたのか。どんな気持ちで帰ってくれたか。――それが大事なんだよ」

お客さんに喜んで帰ってもらうこと。
私自身もいつもそのことばかり考えています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆商売繁盛を考えるのではなく、まず「自分繁盛」を考えること
◆居酒屋を、ただお酒を呑む場所ではなく、楽しめる場所にしたい
◆今日来てくれたお客さんに喜んでもらわなければ、次はない
◆「集めた」スタッフではなく、「集まって」きてくれたスタッフ
◆お店に出たら、舞台俳優だと思おう!
◆おいしいお酒と料理で満腹だけでなく、心も満腹にしていただきたい
◆居酒屋を愛と浪漫のあふれる場所にする

月刊トークスCD版はこちらをクリック
→ http://www.talksnet.jp/201305issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
→ http://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/225480

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
→ http://www.talksnet.jp/201305_1.html

----------------------------------
■CDマガジン【月刊トークス】2013年5月号のご案内です

★「繁盛店づくり」は「人づくり」
 『看板のない居酒屋』
 岡村佳明(岡むら浪漫代表)著
 現代書林刊

★成功するイノベーションと失敗するイノベーションの違い
 『ワイドレンズ』
 ロン・アドナー(ダートマス大学エイモス・タックビジネススクール教授)著
 東洋経済新報社刊

★「集める」から「集まる」店へ
 『集客は「地域のお客様」からはじめよう!』
 望月まもる(地域集客プロデューサー)著
 同文舘出版刊

★人生には正解がいくつもある
 『常識を疑うことから始めよう』
 ひすいこたろう(ベストセラー作家)
 石井しおり(企画プロデューサー)著
 サンクチュアリ出版刊

【月刊トークス】CD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201305issue.html

【月刊トークス】CD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/225480

----------------------------------
■編集後記
  
 GW前半、いかがお過ごしでしたか?
 私は東京のスタジオ出張、大阪の新名所となりそうなグランフロント大阪を
 見学、アマゾンKindle本の執筆・・・で過ごしました。
 後半は、GW明けにKindle本の出版ができるよう準備します。

 それでは、『社長必読!今月の4冊』次号をお楽しみにお待ちください!
 このメルマガのバックナンバーは下記サイトですべて読むことができます。
 → http://talksnet.biz/

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 アメブロ     http://ameblo.jp/bizcd/
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------
このメール案内の解除やメールアドレスのご変更は
下記の「ご登録・変更・解除」画面でお手続きください
 http://www.talksnet.jp/mailtourokukaijo.html

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月30日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2013年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ