大原浩著 | 銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由

Pocket

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
   『社長必読!今月の4冊』 2012年6月12日号
    本日の読者数 8,500人(まぐまぐ6,364人+自社配信2,136人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。
メールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、ビジネス書の要約CD月刊トークス最新号の2012年6月号から、
『銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由』の一部をご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★「去りゆくもの、消えゆくもの」に執着しすぎない

この言葉は『銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由』
(PHP研究所刊)に出てきた言葉です。
著者はGINZAXグローバル経済・投資研究会代表の大原浩さんです。
大原さんは次のように書いています。

今の日本は陰鬱な雰囲気に覆われていますが、
我々日本人は勤勉にもかかわらず、元来楽天的な民族です。
江戸時代に日本にやってきた西洋人は、日本人が、貧しいにもかかわらず
秩序正しく清潔であかるいことに驚いています。
あまり陰気になっていては、日本人本来の素晴らしい能力を発揮できずに
終わってしまいます。

日本は、明治維新、日清・日露戦争、第二次世界大戦での敗戦などの苦難を
見事に乗り越えてきました。
日本人が危機に際して覚悟を決め、一致団結すれば向かうところ敵なしです。
現在の日本の閉塞感は、「去りゆくもの、消えゆくもの」に執着しすぎている
ことから生じています。
今は、明治維新や第二次世界大戦での敗戦に匹敵する大転換期です。
ちょっと視点を変えれば、
これからの日本を素晴らしい方向に導く流れがたくさん見つかるのです。

あなたは「去りゆくもの、消えゆくもの」に執着しすぎていませんか?
【月刊トークス】2012年6月号CD版はこちらをクリック
  
【月刊トークス】CD丸ごとダウンロードはこちらをクリック

この本をアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

----------------------------------
■CDマガジン【月刊トークス】2012年6月号のご案内です

★ガラケー → スマホ乗り換え潜在人口は9000万人!
 『モバイルシフト』
 津山恵子(ジャーナリスト)・森直樹(電通 プロデューサー)著
 アスキー・メディアワークス刊 1,600円(税別)

★ロジックツリーだけでは解決しない問題を解決する技術
 『循環思考』
 横山禎徳(社会システム・デザイナー)著
 東洋経済新報社刊 1,600円(税別)

★日本は大丈夫!破綻しない!
 『銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由』
 大原浩(GINZAXグローバル経済・投資研究会代表)著
 PHP研究所刊 1,500円(税別)

★あなたの夢実現を加速させる
 『人脈塾』
 鳥居祐一(株式会社スピードブランディング代表)著
 角川学芸出版刊 1,429円(税別)

【月刊トークス】CD版はこちらをクリック

【月刊トークス】CD丸ごとダウンロード版はこちらです

----------------------------------
■編集後記
  
 読者数が約1万人の「パワーブロガー養成講座」の田渕隆茂さんが
 今日の記事でトークスのブログを紹介してくださいました。
 感謝です。 http://ameblo.jp/kobeweb/entry-11274658504.html
 
 田渕さんからいただいたアドバイスを元にブログをよくしていきたいと
 思います。→ http://ameblo.jp/bizcd/
 読みに来てくださいね。

 それでは、『社長必読!今月の4冊』次号をお楽しみにお待ちください!

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

 このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
 下記のページでメールアドレスとお名前をご登録ください。
 メール案内ご登録画面
 いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月17日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2012年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ