坂根正弘著 | 言葉力が人を動かす

Pocket

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
   『社長必読!今月の4冊』 2012年4月24日号
     本日の読者数 8,584人(まぐまぐ6,432人+自社配信2,152人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。
メールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、【月刊トークス】最新号の2012年5月号から、
『言葉力が人を動かす』の一部をご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★「言葉力」とは、「見る」「語る」「実行する」

この言葉は『言葉力が人を動かす』(東洋経済新報社刊)に
出てきた言葉です。
著者はV字回復を成し遂げたコマツ会長の坂根正弘さん。
坂根さんは次のように書いています。

コマツがV字回復を達成できた理由として、私が社長時代に断行したいくつか
の経営改革を挙げることができます。
この経営改革を実現できたのは社員や取引先などコマツグループの人たちが、
私というリーダーについてきてくれたからです。
彼らは私の発する言葉に耳を傾け、理解・納得し、協力してくれました。
つまりコマツが成し遂げたV字回復は、「言葉の力」を抜きにして語ることは
できないのです。

言葉力というと、言葉遣いや話し方という側面だけに注意が行きがちです。
しかし、流ちょうに話せる人、語彙が豊富な人がリーダーに適任かというと、
当然そんなことはありません。
その裏にきちんとした行動が伴っていなければ、人は動きません。

私の思う「言葉力」とは、言葉を発する前の段階と、あとの段階の行動も含ま
れます。
つまりある人間の言葉が人を動かすだけの力を持つには、話す前に現実をよく
「見る」ことが必要です。
それではじめて「語る」ことができます。
そして語ったあとには、その自分の言葉を自分自身で「実行する」ことが求め
られます。
いくら「語る」だけが巧妙でも、人を動かすことはできないのです。

【月刊トークス】では、この本の要約を約12分でまとめていますが、
上記の他にあなたが気づきを得られることはこんなことです。

◆「見えている」ことが、本当に真実なのか、リーダーは常に疑え
◆コマツの問題の本質はものづくりではなかった
◆改革を行うときは、思い切って集中的に1度で行え
◆実行の成果は2年以内に出す
◆「言う」を「成す」と書いて「誠」
◆知行合一

【月刊トークス】2012年5月号CD版はこちらをクリック
  
【月刊トークス】CD丸ごとダウンロードはこちらをクリック

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

----------------------------------
■CDマガジン【月刊トークス】2012年5月号のご案内です

★コマツのV字回復を成し遂げた経営者の力
 『言葉力が人を動かす』
 坂根正弘(コマツ会長)著
 東洋経済新報社刊 1,600円(税別)

★メディアを賢く使おう!
 『お金をかけずにマスコミにとりあげられるユダヤ式PR術』
 立川光昭(PR会社メディマックスCEO)著
 東洋経済新報社刊 1,400円(税別)

★社長のリアルな質問に元銀行員コンサルタントが答えます
 『必携! 社長のための銀行取引相談』
 川北英貴(フィナンシャル・インスティチュート社長)著
 すばる舎リンケージ刊 2,400円(税別)

★哲学は何にでも使えるツールです
 『深夜の赤信号は渡ってもいいか?』
 富増章成(著作家)著
 さくら舎刊 1,400円(税別)

【月刊トークス】CD版はこちらをクリック

【月刊トークス】CD丸ごとダウンロード版はこちらです

----------------------------------
■編集後記
  
 本日ご紹介した『言葉力が人を動かす』は発刊してまだ2ヶ月弱ですが、
 昨日の日経新聞朝刊の広告によると3万部を突破したそうです。
 すごい勢いですね。

 
 それでは、『社長必読!今月の4冊』次号をお楽しみにお待ちください!

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 アメブロ     http://ameblo.jp/bizcd/
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

 このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
 下記のページでメールアドレスとお名前をご登録ください。
 メール案内ご登録画面
 いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2012年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ