酒井光雄 | 中小企業が強いブランド力を持つ経営


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
   『社長必読!今月の4冊』 2012年1月24日号
    本日の読者数 8,790人(まぐまぐ6,572人+自社配信2,218人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。
メールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、【月刊トークス】最新号の2012年2月号から、
あなたの会社と商品の「価値づくり」に役立つキーワードをご紹介します。
今日の言葉はこちらです。
 ↓ ↓ ↓
★「つくる」領域と「売る」領域の両方に手を打つ

この言葉は『中小企業が強いブランド力を持つ経営』(日本経営合理化協会)
に出てきた言葉です。
著者は、企業と商品の「価値づくり」を情熱的に指導するコンサルタント、
ブレインゲイト株式会社社長の酒井光雄さんです。
酒井さんは次のように書いています。

本物の付加価値を生み出して、高い収益をあげられる企業を目指すには、
商品を「つくる」領域と、「売る」領域のそれぞれにおいて、
意図して付加価値を生み出していく視点を持つ必要があります。
これは、メーカー・卸・小売・流通・飲食・サービス…、業種業態に関係は
ありません。どちらか一方で済んだ時代はもう過去の話です。

私の見る限り、「つくる」「売る」どちらの領域にも手を打っている企業は
ほとんどありません。
小売業においては「売る」ことばかりに、
メーカーは「つくる」ことばかりに意識が向かいがちです。
だからこそ、まだまだ大きなチャンスがあると言えます。
両方の領域に手を打つことで、他社に大きく抜きん出ることが出来るわけです。

【月刊トークス】では、この本の要約を約12分でまとめていますが、
上記の他にご紹介した主なキーワードは次の通りです。

◆「高付加価値の商品」をつくるのに最先端技術は必要ない
◆欧州には昔ながらの製法で、高収益をあげている中小企業が多数存在する
◆商品だけではなくパッケージにも気をつかうこと
◆生活者が共感・共鳴する要素を加味した企業活動や商品づくりを行うこと
◆商品を売るだけでなく、商品を経験する場の機能を店頭に付与する
◆意図してコトをつくりだし、需要を喚起し、購入頻度と購入機会を増やす
◆簡単に諦めず、効果が出るまでしつこく高付加価値化に取り組もう

【月刊トークス】2012年2月号CD版はこちらをクリック
  
【月刊トークス】CD丸ごとダウンロードはこちらをクリック

この本をお得な発行元価格で購入する

----------------------------------
■CDマガジン【月刊トークス】2012年2月号のご案内です

★自社の商品・サービスを第一級のブランドに高める戦略視点を提示!
 『中小企業が強いブランド力を持つ経営』
 酒井光雄(コンサルタント)著
 日本経営合理化協会 15,000円(税別)

★あなたの商品の「価値」をわかりやすく伝えよう!
 『安売りするな!「価値」を売れ!』
 藤村正宏(マーケティング・コンサルタント)著
 実業之日本社刊 1,400円(税別)

★信頼を築けば、お客様に選ばれる!
 『お客様から選ばれるウェブ文章術』
 平野友朗(アイ・コミュニケーション社長)著
 日本実業出版社刊 1,600円(税別)

★ビジネスの思考プロセスを劇的に変える!
 『インバスケット・トレーニング』
 鳥原隆志(インバスケット・コンサルタント)著
 同文舘出版刊 1,400円(税別)

【月刊トークス】2012年2月号CD版はこちらをクリック
  
【月刊トークス】CD丸ごとダウンロードはこちらをクリック

----------------------------------
■編集後記
  
 本日ご紹介した『中小企業が強いブランド力を持つ経営』の売れ行きが
 好調で早くも増刷となったようです。
 
 寒い日が続いています。暖かくしてお過ごしください。

 それでは、『社長必読!今月の4冊』次号をお楽しみにお待ちください!

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 
 公式サイト    http://www.talksnet.jp/
 ビジネス書名言集 http://www.facebook.com/talksmeigen
 ツイッター    http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック  http://www.facebook.com/talksokada

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------

 このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
 下記のページでメールアドレスとお名前をご登録ください。
 メール案内ご登録画面
 いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月10日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2012年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ