2011年3月8日号

Pocket

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
   『社長必読!今月の4冊』 2011年3月8日号
本日の読者数 8,971人(まぐまぐ6,976人+自社配信1,995)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。
メールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

今日は、月刊トークスで紹介した本の中から、
私がビジネスのヒントをもらったり、
勇気や元気をもらった言葉をご紹介します。
 ↓
★コストドライバーを押さえて分解する

この言葉は『コストマネジメント思考法』(東洋経済新報社刊)に
出てきた言葉です。
著者は、グローバル戦略経営コンサルティング会社、
A.T.カーニー パートナーの栗谷仁さん。
栗谷さんは次のように書いています。

コストマネジメントでは、その費用を本質的に生み出しているコスト要素、
つまりコストドライバーを押さえて分解することが重要です。
このコストドライバーを認識していないと、サプライヤーの論理で費用が
見積もられ、結果的に割高となっても気づくことができません。

たとえば、清掃費は一般的にサプライヤーの見積もりでは、
平米単価が利用される場合が多いのですが、実際は作業者にかかった
人件費(時間と人件費単価)が真実のコストドライバーです。
平米数が増えても正比例して作業時間が増えるとは限りません。
むしろ継続して作業することで生産性が上がり、平米当たりの作業時間は
短縮する可能性が高くなります。
したがって、平米数ではなく、真のコストドライバーである作業人件費で
コストを把握し測定することが重要です。
もし現状が一式のどんぶり勘定でのコストを把握している状況であれば、
コストドライバーを突きとめるためにコストを分解して考える、
分解思考を実践することが必要です。

あなたの会社はいかがでしょうか?
この本は月刊トークス2011年2月号でご紹介しました。
 http://www.talksnet.jp/backnumber_2011.html#201102

----------------------------------
■CDマガジン【月刊トークス】3月号は好評発売中です。
 1枚のCDに下記4冊の本のエッセンスがぎゅうぎゅうに詰まっています。

★すべての企業はサービス業
 『サービスの心得』
 高萩徳宗(ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツ社長)著
 エイチエス刊 1,429円(税別)

★マッキンゼー・トップコンサルタントの思考法
 『プロヴォカティブ・シンキング 面白がる思考』
 山梨広一(マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター)著
 東洋経済新報社刊 1,600円(税別)

★小さな会社でもできるPR
 『はじめての企業PR100問100答』
 山見博康(山見インテグレーター社長)著
 明日香出版社刊 1,600円(税別)

★堂々と人生を生きる仏教の教え
 『幸福な生き方』
 西嶋和夫(道元禅師の思想を勉強する会「ドーゲンサンガ」創立者)著
 日本経営合理化協会刊 9,800円(税別)

CDマガジン【月刊トークス】は通常の音楽CDと同じ規格です。
だから、もちろんiTunesなどでMP3ファイルなどに変換できて
iPodなどで持ち運べますよ。
iTunesでは書籍名も出てきますから便利ですよ。

【月刊トークス】2011年3月号のページを見てみる
  ↓
 http://www.talksnet.jp/new_books.html

----------------------------------
■編集後記
  
 私の周りでは最近やたらFacebookの話題が多いんですが、
 あなたやあなたのお友だちはいかがですか?

 それでは『社長必読!今月の4冊』次号をお楽しみにお待ちください。

----------------------------------
1994年(社)ニュービジネス協議会 ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞!

 勉強熱心なビジネスリーダーを応援します!
 CDマガジン【月刊トークス】代表取締役編集長 岡田幸保
 株式会社トークス
 okada@talksnet.co.jp
 http://www.talksnet.jp/
 ツイッター http://twitter.com/talksokada
 フェイスブック http://www.facebook.com/talksokada
 メルマガバックナンバーサイト http://talksnet.biz/

 〒551-0001 大阪市大正区三軒家西1-23-12
 TEL:06-6556-6705 FAX:06-6556-6725
----------------------------------
◎社長必読!今月の4冊
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000079782/index.html

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年3月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2011年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ