裏話 2007年12月5日号

Pocket

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
『社長必読!今月の4冊』裏話  2007年12月5日号
本日の読者数 10,204人(まぐまぐ8,406人+自社配信1,798人)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。

メールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

本日は『社長必読!今月の4冊』裏話第五十七話をお届けします。

この裏話は、メールマガジン『社長必読!今月の4冊』の元になっている
CDマガジン【月刊トークス】のリスナーよりいただくご質問やご感想を元に
書いています。

「どのビジネス書からヒントをもらった、勇気づけられたりしましたか?」
数人の方々から、この質問をいただいておりましたので、しばらくの間、
私がヒントや元気をもらった本について書かせていただきますね。

今回は5回目です。

■あるものを活かす

この言葉は『斎藤一人の百戦百勝』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。
斎藤一人(ひとり)さんとは「スリムドカン」などのヒット商品でおなじみの「銀座まるかん」の創設者。
著者は「銀座まるかん」の販売代理店、株式会社78パーセント社長の小俣貫太(おまた・かんた)さん。

小俣さんは一人さんにこう教わったと言います。
「立地が悪くてお客が来ない」と言う人がよくいる。
そんな人が表通りに出て行くと、今度は「競争相手が多くて」と言い出すんだよ。
こんなことを言ってちゃ、どこにも商売できるところがなくなっちゃうよ。
言い訳を探すのに頭を使っているから、悪いところばかり見える。
だから、儲からない。

そうじゃなくて、こう考えるの。
人通りの少ないところなら、競争相手が少ない。
競争相手の多いところなら、人がたくさん来てくれる。
こんなふうに、その場所のいいところを見つけて頑張るんだよ。
あるものを活かすのが、商人の頭の使いどころなの。

商人だったら、立地の悪さを味方に付けなければいけない。
お客さんを集めるときにも、
「ちょっと離れた所にありますけれども、頑張っていますから、よろしくお願いします」とか、
来てくれたお客さんには、
「こんな遠いところまで足を運んでくれて、ありがとうございます」と、
お茶の一杯も出してごらん。
普通だったらお茶なんか出さない本屋みたいな商売なら、
それだけでもお客さんは感激してくれるよ。
これはその立地でしかできないことなんだよ。
あるものは活かすの。言い訳にしてちゃいけないの。

「あるものを活かす」
一見、悪そうに見える条件に直面したときに、この言葉を思い出してください。
そうすれば、それを味方につけるような知恵がきっと見つかります。
不平、不満を言っても誰も幸せにならないし、問題の解決にもならないですよね。

この本は月刊トークス2003年4月号でご紹介しました。
http://www.talksnet.jp/backnumber_2003.html#200304

2003年度は完売した号が多いのですが、この4月号はまだ少しあります。
ご購入は⇒ http://www.talksnet.jp/backnumber_2003.html#200304

前回から今日までほぼ毎日更新中のブログで紹介した本とそのキーワードは
下記の通りです。

具合が悪いときに具合が悪いと言ったら、具合が悪いのが治りますか?
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071031
中国・アジアより良いモノを安く速く作るためには
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071105
いかに「作業」を「仕事」に変えるか
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071107
育つのは若者たち自身
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071108
「ない」ことを理由にしない
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071109
業績のよい会社、成長している会社ほど理屈どおりに経営している
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071112
強ければマーケティングなど必要ないという思い込みは間違いだ
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071113
人十度、我百度
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071114
いくら品質が良くても、「ブランドになれない商品」は売れません
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071115
お客さまに何度も来店してもらうために「聞く」
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071116
完璧主義者は嫌われる。不完璧主義者になれ
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071119
「合計するという数字力」が必要
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071129
プロ野球チームと企業組織は同一の職場の職場ではない
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071201
論理的に考えないほうがうまくいく
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071203
固有名詞でビジネスを展開する
http://d.hatena.ne.jp/talksnet/20071204

いかがですか?
何か気になるキーワードはありましたか?
これからもほぼ毎日更新していきます。
見にきてくださいね。

----------------------------------
■メルマガ相互紹介のコーナー(1)です。
売れるサイト制作のためのメルマガです。

====================================================================
「失敗しない商用ホームページ制作のために」
2万部を超す人気メルマガ!起業を目指す方・中小企業の経営者にとって
ホームページそして今やメルマガも必須のアイテム。売れるサイト制作また
メルマガ成功を考えるあなたに読んでもらいたいメルマガです。
⇒  http://www.mag2.com/m/0000111836.htm
====================================================================

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■メルマガ相互紹介のコーナー(2)です。
中国ビジネスに役立つメルマガのご紹介です。

———————————————————————
中国が熱い。敵を知り、己を知れば百戦危うからず。
中国進出で勝ち組になる秘訣を全て公開。目からウロコが五千年。
負け組みになる者には必然の理由があった。
中国ビジネスに役立つ最新事情を滞在レポートを交えて情報満載で
お送りします。 (まぐまぐ殿堂入り
ご登録はココから http://www.mag2.com/m/0000149534.htm
———————————————————————

----------------------------------
■当メルマガ「社長必読!今月の4冊」読者に役立つ内容のメルマガの
発行者(発行部数1,000部以上)で相互紹介にご興味のある方は
編集長岡田 okada@talksnet.co.jp までメールをください。

なお、当メルマガでは有料広告は受け付けておりません。

----------------------------------
■CDマガジン【月刊トークス】12月号は好評発売中です。
1枚のCDに下記4冊の本のエッセンスがぎゅうぎゅうに詰まっています。

★あなたに最高の成果をもたらす究極の読書法
『キラー・リーディング』
中島 孝志(コンサルタント、作家、映画プロデューサー等)著
実業之日本社刊 1,500円(税別)

★どんどん人を集めて、売上を伸ばす!
『あたりまえだけどなかなかできない 集客のルール』
岡本士郎 (集客支援株式会社社長)著
明日香出版社刊 1,300円(税別)

★言葉の力だけでお客さんを集める
『ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏ワザ』
山岸二郎(株式会社満席エージェント社長)著
インデックス・コミュニケーションズ刊 1,500円(税別)

★勝つ組織を作るための組織論
『部下は育てるな!取り替えろ!!』
長野慶太(対米進出コンサルタント)著
光文社刊 952円(税別)

CDマガジン【月刊トークス】は通常の音楽CDと同じ規格です。
だから、もちろんiTunesなどでMP3ファイルなどに変換できて
iPodなどで持ち運べますよ。
iTunesでは書籍名も出てきますから便利ですよ。

【月刊トークス】2007年12月号のページを見てみる

http://www.talksnet.jp/new_books.html

----------------------------------
■編集後記

先月のメルマガで ブログのほぼ毎日更新を宣言したところ、
6日当日は普段の約10倍の148名
翌日の7日は約5倍の92名の方々にアクセスしていただきました。
ありがとうございます。

このように宣言して自分自身を追い込んだおかげで
ほぼ毎日更新できるようになりました。
次は何を宣言しましょうか?(苦笑)

それでは『社長必読!今月の4冊』次号は
12月20日(木)にお届けします。
お楽しみにお待ちください。

----------------------------------
このメルマガのバックナンバーは下記のページですべて読むことができます。
http://blog.mag2.com/m/log/0000079782

―――――――――――― 登録/解除の方法 ――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.mag2.com/m/0000079782.htmによりいつでも登録/解除可能です。

********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/m/0000079782.htm
マガジンID :0000079782
――――――――――――――――――――――――――――――――――

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年11月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2007年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ