裏話 2005年4月5日号

Pocket

今朝の横浜は暖かでした。
学校は今日から新学期のようですね。
桜もあちこちできれいに咲き始めました。
私は毎朝の散歩中に花見を楽しんでいますが、
お元気でお過ごしでしょうか。

当社のメールマガジン「社長必読!今月の4冊」裏話をお送りします。
お役に立てれば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
『社長必読!今月の4冊』裏話  2005年4月5日号
本日の読者数 8,449人
(前号より-26人:まぐまぐ7,195人+自社配信1,254人)
おかげさまで7号連続して8,000人を超えました。ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
そして新しい方へ、はじめまして!
編集長の岡田です。

メールマガジン『社長必読!今月の4冊』をご愛読いただき
ありがとうございます。

本日はメルマガ『社長必読!今月の4冊』裏話第二十五話をお届けします。

この増刊号の内容は、メルマガ『社長必読!今月の4冊』の元になっている
CDマガジン『月刊トークス』のリスナーよりいただいたご質問やご感想を
元に書いています。

-----------------------------------
■2月7日のメルマガでMP3プレイヤーを購入したと書いてありましたが
使い勝手はどうですか?型番も教えてもらえますか?

もう何台目になるのでしょうか。数年前、初めて買ったMP3プレイヤーは
32MBか64MBのスマートメディアで動くものでした。ITバブルの頃でした。
新宿のPCショップに入荷したことを聞き、慌てて買いに走ったのを覚えて
います。

「どうしてそんな出始めの機械も不安定、値段も高めの時に、慌てて買いに
走るのか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そうですよね。実際、このプレイヤーは1年ちょっとで液晶が壊れました。
修理代金を見積もってもらったら新しいものを購入できそうな金額でした。
でも、私は『月刊トークス』というオーディオ媒体を作っている関係上、
どうしても音のことが気になります。単に新しいもの好き、オモチャ好きな
だけという声もあるのですが(苦笑)

2月7日に書いたのはi-riverのiFP-799という型番でメモリーは1GBです。
4分位の曲であれば約250曲入ります。CDと同じ程度の音質のMP3ファイルは
1分=1MBです。

音質も悪くないし、FMチューナーも内蔵、ボイスレコーダーにもなるし、と
気に入ってはいたのですが、また別のプレイヤーを購入しました。

どうしてかというとi-riverのiFP-799はパソコンを使わず、ラジカセやミニ
コンポ等からダイレクトにカセットやレコードの音を取り込むことはできる
のですが、i-river独自のファイル形式でMP3じゃないからです。

もちろん、取り込んだ音はパソコンにインストールした同社付属のソフトを
使えば、MP3ファイルに変換できます。しかし、二度手間になりますね。

先月購入したのはCreativeのMuVo Micro N200というモデルです。スペック
的にはi-riverとほとんど変わりません。若干小さくて軽いですね。値段は
i-riverより2割位安かったです。私にとって魅力的だったのはカセットや
レコードの音を直接MP3ファイルに変換できる点です。

やってみた結論ですが、どっちを買われてもいいのではないでしょうか。
MP3ファイルに直接変換できたとしても名前をつけて保存したり、idタグの
編集等、どうしてもパソコンで作業をすることになります。

結局は二度手間というか二度楽しめるというか、まあ、そんなパソコン上の
操作が待っているわけです。

「どうして、ハードディスクタイプのものを買わないのか」という質問も
いただきました。簡単です。持ち歩くのに重いからです。(年寄りくさい)
それと、どうしても音飛びの問題もフラッシュメモリータイプと比べると
ありますから。

ところで、皆さんはパソコンで音楽やトークス等を聞く時、どんなソフトを
お使いですか?ウインドウズメディアプレーヤーでしょうか?

私は職業柄(また、でました、言い訳が)いろいろ購入してきました。
またこういうMP3プレーヤーを購入すると付属のソフトがついてきます。
しかし、今いちばん気に入っているのはフリーソフトです。

それはアップル社のiTunesです。このソフトはMP3への変換スピードは他の
ソフトよりは少し遅いです。しかし、データベースはすごいです。
他のソフトが使っているデータベースと比べると正確ですし、かなり古い
年代のマイナーなCDを入れてもデータが表示されます。これは重宝します。
こんなのがタダですから、もうこの種のソフトは買いません。
(来月、何を言っているかはわかりませんが)
試しに使ってみようという方はこちらからどうぞ

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

MP3に興味ない方には今回の裏話は面白くなかったでしょうね。
申し訳ありません。
でも時代はどんどん変化していきます。

トークスも最初はカセットマガジンって言っていました。
それがCDマガジンになり、NTTソルマーレさんと組んでMP3のダウンロード
販売を開始しましたので、オーディオマガジンとなりました。
他の形態が出てきても音声に変わりはないはずですので
オーディオマガジンの名称はしばらくは使えそうですが・・・

皆さんの仕事や組織は変化していますか?

-----------------------------------
■メルマガ相互紹介のコーナーです。
今回は3つのメールマガジンをご紹介します。
少しでも、皆様の情報収集のお役に立てればと思います。

-----------------------------------
■メルマガ相互紹介のコーナー(1)
仕事のアイデアを求める方にぴったりですね。

———————————————————————-
≪ 注目の発想メルマガ!≫ 「日本アイデア作家協会」からビジネス系
アイデア日刊メルマガが発行されています!しかも「今なら」HPから、
バックナンバーが読めます。商材・集客・節約等のアイデアと情報源。

※どこの本にも書いてない「仕事のアイデア」も豊富!

『儲けの裏知恵365』~頭で儲けるアイデア事典~
http://www.geocities.jp/ideasakka/index.html

※ サンプル誌「3ネタ」だけでも見ないと大後悔????
———————————————————————-

-----------------------------------
■メルマガ相互紹介のコーナー(2)
「社長必読!今月の4冊」の読者にとって興味あるタイトルですね。

――――――――――――――――
■知的武装のためのパワー読書術■
――――――――――――――――

あなたは、本をただ読んでいませんか?本からは、いかにビジネスにおけるパ
ワーをもらうかが最も重要なのです。そんな本の読み方を身につけましょう。
毎週、いろんな角度からパワーを吸収できる読書法を指南いたします。
また、全国新聞の書評コーナーに載る本のリストもリアルタイムで紹介し、
読むべきパワー本のセレクトもしています。
バックナンバー、登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000141223.htm

-----------------------------------
■メルマガ相互紹介のコーナー(3)
労働問題をわかりやすく解説してくれるそうです。

───────────────────────────────────
■経営者必見!!「全国の社長へ!あなたの会社が役所の調査で傾くとき」
───────────────────────────────────
会社を危機にさらす法改正、労働基準監督署による数千万円にのぼるサービ
ス残業の支払い是正勧告など労働問題をわかりやすく解説。また企業リスク
回避の就業規則や返済不要の助成金など企業経営に必要な情報も満載です。
◎メルマガ登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000116576.htm
◎メルマガサンプルはこちら→ http://www.zeseikankoku.com/mailmag.html
───────────────────────────────────

-----------------------------------
■メルマガの相互紹介をしませんか?
当メルマガ「社長必読!今月の4冊」読者に役立つ内容のメルマガの
発行者(発行部数1,000部以上)で相互紹介にご興味のある方は
編集長岡田 okada@talksnet.co.jp までメールをください。
(当メルマガでは有料広告は受け付けておりません)

-----------------------------------
■ただいまCDプレス中!
CDマガジン『月刊トークス』5月号は現在、大手工場でプレス中です。
4月20日(水)発行です。お楽しみに!

-----------------------------------
■CDマガジン『月刊トークス』4月号は好評発売中です。
1枚のCDに下記4冊の本のエッセンスがぎゅうぎゅうに詰まっています。

☆マーケティング界の世界的権威、コトラー教授の声を聞こう!
『マーケティング10の大罪』
フィリップ・コトラー(ノースウエスタン大学教授)著
東洋経済新報社刊 1,890円(税込)

☆キャリア40年の会計士が説き明かす会社繁栄の法則とは!
『「志企業」のすすめ』
天明 茂(公認会計士、宮城大学事業構想学部教授)著
致知出版社刊 1,575円(税込)

☆「ご用聞き営業」から「あなたの会社流の提案営業」へ!
『どんな営業マンでも受注が取れる!1シート提案営業』
西本雅也(アイ・エス・ジーコンサルティング社長)著
ダイヤモンド社刊 1,470円(税込)

☆合併買収、少子高齢化、所得二極化・・・日本はこう激変する!
『5年後の大市場』  小宮一慶(小宮コンサルタンツ社長)著
ビジネス社刊 1,470円(税込)

どんな本なんだろう?聞きたいなと思ったら
http://www.talksnet.co.jp/

-----------------------------------
■CDマガジン『月刊トークス』バックナンバーお買い得セットが大好評です。
2004年版も新登場です。
詳しくは http://www.talksnet.co.jp/

-----------------------------------
■編集後記
76、79、82、82+α。何だと思います?
恥ずかしながら私の20代、30代、40代、50代のウエストサイズです。
順調に育っていますね。

せめて40代の82cmをキープしようと今年から毎朝の散歩に加え、
週一のスイミングを加えました。まだ効果は現れておりません。残念!

でも、いったんやろうとしたことはしつこく続ける方ですので
そのうちに実現すると信じております。(信じたい年頃?)

では『社長必読!今月の4冊』次号は4月20日(水)にお届けします。
お楽しみにお待ちください。

-----------------------------------
このメルマガのバックナンバーは下記のページですべて読むことができます。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000079782

―――――――――――― 登録/解除の方法 ―――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.mag2.com/m/0000079782.htmによりいつでも登録/解除可能です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
下記の文章でお知り合いの方にご紹介してくださ~い!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
■ビジネス書を選ぶ前にこのメルマガを読もう!
「社長必読!今月の4冊」は勉強熱心な社長・経営幹部を対象としたメルマガ
です。毎月数十冊以上のビジネス書に目を通すビジネス経験豊富な編集長が
厳選した4冊の本の中に出てくるキーワード及び編集裏話を紹介します。
あなたも勉強し続ける社長になろう! 
http://www.talksnet.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

是非、「まぐまぐ読者の本棚」へも推薦してくださ~い!
こちらから【あなたのお勧めのメルマガ】を
「社長必読!今月の4冊」を含めて3誌ご紹介ください。
http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm

**********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
**********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/m/0000079782.htm
マガジンID :0000079782
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年11月16日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2005年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ