2003年12月22日号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『社長必読!今月の4冊』 2003年12月22日号
本日の読者数3,336人
(前号より+166人:まぐまぐ2,425人+自社配信911人)
4号連続で3,000人を超えました。ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは厳選ビジネス書のエッセンスを収録したCDマガジン
『月刊トークス』2004年1月号(12月22日発行)に収録した4冊と
その中に出てくるキーワードをお届けします。

今月もたくさん読んで、たくさん捨てて、たくさん捨てて
残したのがこの4冊です。

-----------------------------------
日本に存在しない新しい業種を興し、育てたセコム創業者が語る
『経営の実際』飯田 亮(セコム取締役最高顧問)著
中経出版刊
1,500円

【キーワード】
◆自分が事業を起こすときの判断基準
-社会的に正しいものか
-社会が本当に求めているものか
-他の人より自分がやった方が適切なものができるか
◆変えるべきは変えるが、絶対に芯はブレてはならない
◆経営の大転換:人的警備→機械警備システム
◆現状打破、自らを否定する
◆混乱は人を成長させる
◆困難という泥水を喜んで飲もう
◆良いカルチャーから良い商品・サービスが生まれる
◆企業の盛衰はカルチャーの善し悪しにかかっている
◆カルチャーの熟成に終わりはない

-----------------------------------
会社の大きさは「聞く耳」の大きさに比例する
『「とことん聞く」経営』
小山政彦(船井総合研究所社長)著
サンマーク出版刊
1,700円

【キーワード】
◆相手の話を途中でさえぎって「わかった」と話の腰を折ってはいけない
◆顧客、社員を「宇宙の中心」におく
◆顧客第一主義→顧客中心主義
◆社員を主役にできない社長は家業どまりだ
会社をもっと大きくしたいというのなら社員を宇宙の中心にするしかない
◆ビッグカンパニーではなくグレートカンパニーを目指す
◆スーパースターになるのではなくスーパーサポーターに徹する
◆「逸材の流出を防ぐ」ために
-「功には禄を、能には職を」-稼ぐ人と人間を使う人は別だ
-昇進サイクルを速める(2年毎→1年毎→4半期毎)
社員が急成長しない会社は急成長しない
◆「自慢会議」「クレーム会議」「テキスト作成」は他業種にも使える

-----------------------------------
採用の達人が教える
『“そいつ”に社運をあずけられるのか』
山近 義幸(ザメディアジョンCEO)著
ナナ・コーポレート・コミュニケーション刊
1,300円

【キーワード】
◆新卒採用を行うと(1)必ず若手社員を変える
(2)必ず幹部社員を変える
(3)必ず社長を変える
◆会社説明会会場のロケーションは非常に重要だ
◆採用活動は営業活動であり、プレゼンテーションであり、生き物だ
状況は常に変わる。その変化に対応していくためにも、
採用担当者は勉強熱心で、常に向上心を持つ必要がある
◆常連の店をつくるな
◆内定フォロー期間は最大・最高・最適の人財教育の期間
内定者には名刺を提供しよう(○○年入社予定・内定者の肩書き付きで)
当社では内定者が内定時期に仕事をもらってくる
◆愛社精神は最初から持っているものではない、育てていくものだ

-----------------------------------
営業の成否は「質問力」で決まる
『できる営業マンの「質問力」入門』
山崎裕司(経営コンサルタント、システムズ社長)著
プレジデント社刊
1,300円

【キーワード】
◆営業とはお客様とのコミュニケーションだ
◆人の「話」は無視できても、「質問」は無視できない
◆「ラポール」とはフランス語で「架け橋」の意味
お客様との間に「人間関係の架け橋」「信頼の架け橋」を築く
◆ラポールのテクニック:相づち、ペーシング、ミラーリング・・・
◆用語、速度、 徹底的に相手に合わせよう。すると、お客様は
「非常に話やすい」と感じ、「聞き上手」と話している状態になる
無関係だった第三者の営業マンがいつの間にか「良き理解者」となるのだ
◆ラポールが確立されたら、次はお客様のニーズの探索だ
ここでも「しゃべらない、売り込まない、お願いしない」ことだ
「質問し、満足を作り込む」のだ
◆質問する営業は慎重に見えるが、意外に効率的であることを発見するだろう

-----------------------------------
■『月刊トークス』を聞いた後や、書籍を読んだ後に
このメルマガを再読することをお勧めします。
内容を簡単に思い出せ非常に効果的です。

◆『月刊トークス』を聴けば、あなたは
・ビジネスのヒントがいっぱい得られる
・商談や会議でのトークのネタがいっぱい得られる
・元気いっぱいのビジネスパースンになれる・・・・・・
お申し込みは⇒ http://www.talksnet.co.jp/

◆聴いてから読むか、読んでから聴くか
楽天ブックスで本を買って読みたい方は下記をクリックしてください。
『経営の実際』
http://books.rakuten.co.jp/aftg/page.jsp?no=51546&i=4806118680
『「とことん聞く」経営』
http://books.rakuten.co.jp/aftg/page.jsp?no=51546&i=4763195204
『“そいつ”に社運をあずけられるのか』
http://books.rakuten.co.jp/aftg/page.jsp?no=51546&i=4901491164
『できる営業マンの「質問力」入門』
http://books.rakuten.co.jp/aftg/page.jsp?no=51546&i=4833417960

-----------------------------------
■メルマガ相互紹介のコーナーですが、今回はメールマガジンではなく
紙媒体の月刊誌をご紹介いたします。
『月刊トークス』はビジネス書を4冊選んでいるのですが、こちらは・・・

◆ 年末・年始に読む本 もう決まっていますか?

これは! という記事を様々な雑誌から探し出し、そのポイントを
短時間で読めるようにまとめてくれる、しかも、それらを分野別に
キチッと整理しておいてくれる……そんな月刊誌があればなぁ!

実はそれをモットーに、30年にわたってノウハウを積み上げて
きたのが月刊『経営予測エイジ』。

ビジネス書(単行本)ではなく、ビジネス雑誌の注目記事を要約し、
創刊以来30年にわたって高い評価を受け続けている月刊誌です。
書店には置いていないし新聞広告も出していないのに、クチコミ
などで企画マンたちの間に広がり、重宝がられているようです。

この月刊誌をまだご存知でない方のために、最新号を50冊、
無料見本誌として確保してもらっています。

平成16年の計画づくり……その叩き台として最適です。
先着順ですのでお早めに。 → http://www.yosoku.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガの相互紹介をしませんか?
ご興味のある方は編集長岡田okada@talksnet.co.jpまで
メールをください。

-----------------------------------
■編集後記
2003年もメルマガ「社長必読!今月の4冊」をご愛読いただき
お礼申しあげます。

今年が皆さんにとって良い年であったことをお祈りしつつ、
来年はもっと良い年になりますようお祈り申しあげます。

それでは次号は「社長必読!今月の4冊」裏話を年明け早々1月5日に
お届けします。お楽しみにお待ちください。

良いお年をお迎えください。

-----------------------------------
■当メルマガのバックナンバーは下記のページですべて読むことができます。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000079782

-----------------------------------

―――――――――――― 登録/解除の方法 ―――――――――――――
メールマガジン「社長必読!今月の4冊」は、
http://www.talksnet.co.jp/ によりいつでも登録/解除可能です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━ 感 謝 ━━━━━━━━━━━━━━━
お知り合いの方にもこのメールマガジン「社長必読!今月の4冊」を
ご紹介くださいますようお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

**********************************************************************
1994年(社)ニュービジネス協議会、ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞
**********************************************************************
発行     :株式会社トークス http://www.talksnet.co.jp/
〒231-0852 横浜市中区西竹之丸51-3
TEL:045-663-8251 FAX:045-663-8233
発行人    :岡田 幸保    okada@talksnet.co.jp
発行システム :『まぐまぐ』   http://www.mag2.com/0000079782
マガジンID :0000079782
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

コメント

comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年11月5日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:2003年

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ